WordPress固定ページ作成で楽にデザインしカスタマイズするコツとは?

WORDPRESS 固定ページ 作成 カスタマイズ

 

どうも、個人事業主5年目のブログ運営者ハシケン(@conteanime)です。

 

個人事業関連のサイトをwordpressで運営していて知識があまりないときに手こずるのが、『新規固定ページの作り方』じゃないでしょうか?

 

ハシケン
自分も最初は全然わからず苦労したものでした・・・

 

ということで今回は、固定ページを作成するときになるべく迷わずに済む方法についてまとめます。

 

大前提! ブログ投稿と同じ形式で固定ページ作成できるテーマを選ぼう

ブログ 固定 作成

 

基本の基本ですが、普段のブログ感覚で商品・サービスの紹介ページが作れるテーマを選びましょう。

 

そうすれば普段あなたが慣れてるやり方で全て進められるので、悩むことはかなり少なくすむはずです。

 

ハシケン
普段やらないことはやらずに済む環境を作ることこそ、はじめの一歩です!

 

ブログ マネタイズ コツマネタイズを狙ってブログを始めた初心者が間違いがちな3つのポイント

 

テーマにある独自ショートコードとプラグイン『Shortcodes Ultimate』を駆使しよう

ショートコード プラグイン 利用

 

WordPressは固有のテーマごとにボタンフキダシなどをショートコードで表示できる機能が備わってますが、『Shortcodes Ultimate』というプラグインも使うことでさらに楽になります。

 

 

さらに、とくに使用頻度の多いショートコードは『AddQuicktag』というプラグインを使って記憶させておくとボタン一つで呼び出せて作業の効率化もはかれます。

 

 

固定ページを簡単に作成する極意は、【レイアウトとデザインを切り分けて進める】こと

ページの作り方 レイアウト デザイン 分ける

 

ハシケン
割とよく陥りがちなのが、複数の要素を同時に進めたことで挫折してしまう状況じゃないでしょうか?

 

そうならないためにも、まずに全体の流れを字の情報のみで全て書き出してそのあと画像を加えていくようにしましょう。

 

1、エクセル等にまとめた内容をコピペし、

固定ページ 作り方

 

2、小見出しのh2・h3の設定をして、

固定ページ 作り方 文章

 

3、画像や情報を加え、仕上げていきます。

固定ページ デザイン周り

 

4、完成がこんな感じです。

固定ページ 完成状態

 

こうして段階を踏んで順序良く進んでいけば、それぞれの工程でチェックすべき部分もつど明確になるでしょう。

 

文も画像も内容も一緒に・・・とやってしまうとどうしても進みにくい要因になるので、あくまでも作業は小分けにしつつやっていくのが一番の秘訣です。

 

ハシケン
パートごとに切り分けて進めていくのはモノづくりの基本ですが、未知のことをやろうとすると忘れがちなんで覚えておきたいですね。

 

大切なところだけ固めて、後回しの部分はあえて残すやり方もある

大事なもの 残しておこう

 

ハシケン
今じゃなくても構わない部分はあえて後に回してしまい、とにかく先にページを公開するのもある意味有効です

 

多くの場合で全て完璧に終わってから次に進まないと・・・と考えがちですが、最重要部分意外は作りこみを多少後に回してしまっても問題あることの方が少ないはずです。

 

とにかく先に必要最低限の要素だけ整えて、あとでブログのリライト風に中身を加えていくやり方を試してみましょう。

 

ハシケン
そうすることであまり飽きも来なく、ほどよい手はずでうまーく進めていけるかもしれませんよ?

 

WordPress初心者にこそおすすめしたい厳選3テーマ

比較 優良テーマ

 

最後に、Wordpress初心者さんに特に適した優良テーマを3つほど紹介します。

 

現在発売されているテーマはSEO対策やデザイン周りのやれること・自由度、速度やスマホ対応などは、どれも一定の高いレベルに到達しています。

 

そのうえで今回はビジネスのブランディングにに使うためにも個性の出しやすさという要素も重視し、よくある「ストーク」「SANGO」「JIN」といった有名すぎるテーマはあえてはずしました

 

  1. 最新テーマ、着せ替え機能と豊富なデザイン素材が欲しいなら「THE THOR(ザ・トール)」……¥14,800(税込)
  2. 将来いざというときにおもいっきりカスタマイズしたいなら「Diver(ダイバー)」……¥17,800
  3. 安さと落ち着き、安定感を求めるなら「スワロー」……¥9,800(税込)

 

ハシケン
それぞれの特徴を詳しくまとめるので、あなたに合いそうなものを見つけてください!

 

①着せ替えだけでデザインがカンタンに変えられるWordpressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」¥14,800(税込)

ザ・トールバナー画像
 

2018年末に発売されたテーマです、新しいだけあって今もとめられるような便利機能はほとんど備わっています。

 

さらにサポート体制としてユーザーフォーラムも完備されているので、この先カスタマイズなどでわからないことが出ても安心です。

 

トールの一番の特徴は、サイトのメインデザインを着せ替え感覚でカンタンに変えられることです。

THE TOHR デザイン 着せ替え

© COPYRIGHT (C) FIT ALL RIGHTS RESERVED.

 

雰囲気の全く違うレイアウトを選んで細かい部分はカスタマイザーと呼ばれるページを使えば、初心者には敷居の高いCSSなどはいじらなくても雰囲気を変えられます。

 

見出しやアイコン関連のデザイン素材も膨大な数があるので、気分的にサイトの雰囲気を変えてみたいと思ったときも気楽に変更できるでしょう。

 

またこのテーマは所有している別サイトでも複数利用できるので、それぞれで雰囲気の違うデザインを使用して個性を表現することも可能です。

 

ハシケン
細かいプラグインをなるべく使わない優しい作りなので、初心者でも悩まず使いやすいテーマでしょう

 

 

②なんでもかんでもカスタマイズできるのに扱いやすいWordpressテーマ「DIVER(ダイバー)」¥17,980(税込)

 

 

ヘッダーからフッター、記事の表示の方法やサイズまで非常に多くの部分をカスタマイズできる初心者からマニアまで人気の高いテーマです。

 

カスタマイズの手順もきわめてシンプルで、いざ調整したいと思った時も公式の説明がかなり詳しいので困ることはあまりないでしょう。

 

あえてカスタマイズしなくても綺麗に仕上がりやすい構成になっているので、そのまま使ってもまったく大丈夫です。

Diverテーマ

© wordpressテーマ「Diver」 All Rights Reserved.

 

またDiverはサポートが充実していて「こんなカスタマイズしたいんですが・・・」という質問にも開発者自ら直接返してくれるところが人気となっています。

 

注意
購入者が多くなりすぎると対応の変わる可能性もあるので、必要なら早めに購入しておきましょう

 

ハシケン
こちらもテーマの複数利用ができるので、多数のサイト運営をするならきっと重宝するでしょう

 

 

③落ち着いた大人の雰囲気漂う安定のWordpressテーマ「スワロー」¥9,800(税込)


 

「ストーク」で知られる企業が開発したテーマで、ブログを読ませることにとことんこだわったテーマです。

 

他テーマのような見た目の派手さはないですが落ち着いた堅実な作りとなっています、細かいところまで配慮が行き届いている感覚です。スマホサイトの表示スピードもかなり優秀なので、初心者でも安心して使えるでしょう。

 

カスタマイズの必要もなく、いざなにかしたくなった時にもかゆいところに手の届く構成となっています。

 

ハシケン
きっとこれからのブログ運営を力強く下支えしてくれます

 

 

まとめ

結論 大事なこと

 

  1. wordpressに詳しくなくても扱えると評判のテーマを選び、
  2. 役立ちそうなプラグインを使い、
  3. 文字情報と画像を切り分けてまずは文字から考えて、
  4. 必要な部分から制作し後でもいいところは残す。

 

・・・基本的にこんな流れでやれば、商品・サービスページを作る上でそこまで消耗せずに済むはずです。

 

ハシケン
自分自身で手が届きそうなステージに引きずり落として作業すればある程度の形にできるので、『こうしなきゃいけないんだ』と頑なに思い込まずやってみるのがコツです!

 

WORDPRESS ワードプレス 初心者 テーマ おすすめWordPress初心者こそカスタマイズが楽な有料テーマを選べ!