個人事業者やフリーランス専用クレジットカードは早めに作った方がいい!

個人事業主 フリーランス クレジットカード おすすめ

 

どうも、個人事業主5年目のハシケン(@conteanime)です。

 

会社を独立して個人事業主やフリーランスになると、銀行口座やクレジットカードをどうするかという悩みも出てくると思います。

 

ハシケン
自分も2015年に独立して個人事業主になりましたが、独立してしばらくはお金管理に関してわからないことばかりで悩んだものでした;

 

結論からいうと、銀行口座とそれに紐づくクレジットカードの2つは独立後なるべく早めにプライベートとビジネスで分けて持つようにするとお金管理が楽になります。

 

ということで今回はビジネス用クレジットカードのメリット・デメリットや審査ポイント、独立したての頃に最適なカードの情報などについて詳しくまとめます。

 

★記事の後半ではおススメのクレジットカードを複数紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

 

 

 

個人名義のカードと個人事業主向け法人カードの大きな違い

独立 口座 カード

Pixabay

 

独立して個人事業主やフリーランスになると、プライベートと明確に分けたビジネス用の銀行口座が必要になってきます。

 

もし生活用と仕事のお金をごちゃまぜにしていると・・・

 

  1. お金の管理が煩雑になり、
  2. 財務状況がつかめなくなり、
  3. 万が一の税務調査に対処できなくなり、
  4. 確定申告時の処理でムダな時間がかかる

 

そうならないためにも、ビジネス関連のお金の出入りを一括管理できるビジネス用口座は早めに用意しておきましょう。

 

屋号付銀行口座 個人事業主 おすすめ個人事業主やフリーランスの銀行口座はここがおすすめ!【2019年版】

 

 

また口座と同様に、ビジネスでクレジットカードを使うならプライベートと別に用意して使った方が安心です。

 

ポイント!名称は「個人事業主向けの法人クレジットカード」といった呼び方が一般的です、法人とついていますが個人事業主でも審査を通れば問題なく取得できるものがほとんどです。

 

個人用のクレジットカードとビジネス用クレジットカードの最大の違いとは?

 

ハシケン
でも・・・そもそも経費などの支払いって、元々個人でもってるクレジットカードをあてればいい気がしませんか?

 

ですが実は、個人用のクレジットカードは基本的に経費への使用が認められてないんです。

 

たしかに小さい範囲の使用ならカード会社に気づかれることも少ないでしょうが、突然ある日カードが取り消し・・・なんてことになったら結構困りますよね。

 

ハシケン
実は自分も独立して数カ月は個人カードでやってたんですが・・・このことを知ってあわてて動いた記憶があります;

 

個人事業主用クレジットカードのメリット・デメリット

個人事業主 フリーランス クレジットカード

Pixabay

 

個人事業主やフリーランスがビジネス用クレジットカードを持つメリット

 

  • プライベートとビジネスのお金がはっきり区別できる
  • 経費の支払いに使えて節税しやすい
  • キャッシュフローが楽になる
  • クラウド会計ソフトと連携できる
  • 確定申告で楽ができる
  • ビジネス向けの色々な特典がついてくる
  • 固有ポイントを貯めて経費を削減できる
  • 将来的に社員にもたせられる
  • 万が一の備えになる

 

プライベートと区別をしっかりつけると、ビジネスのお金の流れをわかりやすくシンプルにできます。

 

またfreeeMFクラウドといった最近主流のクラウド会計ソフトと連携させておけば、お金周りで日常的にやる作業は圧倒的に少なくできます。

さらに最近の税理士さんはクラウド会計ソフトに対応している事務所も多いので、依頼しておけば確定申告でやることも大きく減らせるでしょう。

 

個人事業主 税理士 依頼 相談 メリット 費用個人事業主が税理士に相談すべきタイミング・費用相場・メリットを実例紹介! 個人事業主 確定申告 税理士 依頼 相談個人事業主が確定申告を税理士に頼むメリット・費用を実例解説!

 

ハシケン
自分も日頃から会計入力にはMFクラウドを使っていますが、2019年春の確定申告にかけた時間はわずか5時間ほどであとは税理士さんにお任せで完了しました♪

 

ビジネス用の法人クレジットカードは出張や管理にやくだつ特典も数多く用意されています、多くのカードで特有のポイントがつくので消耗品の購入にあてれば経費削減もできてしまいます。

 

とにかく大事なのはクレジットカードをうまく利用することで、ビジネス用のお金の出入りをカンタンにして管理にかかる手間ヒマを圧倒的に小さくできる部分です。

 

ハシケン
事業に専念できる時間をふやせれば結果的に稼ぎも上向いて、大切な家族との時間を多くもてることにもつながります♪

 

ビジネス用クレジットカードのデメリット

 

  • 年会費(金額はピンキリ)が必要
  • 書類を提出して審査を受けないといけない

 

独立したてで収入もまだそれほどない段階だと、毎月の固定費にもなるクレジットカードの年会費は一番気になる要素かもしれません。

 

個人事業主向け法人カードの年会費相場としては数千円~3万円前後が一般的ですが、自身の事業の状態と照らしあわせて負担にならない範囲で選びたいところです。

 

もちろん個人名義のクレジットカードのように一定の審査も必要です、申し込む際はネット入力のみですむところもあればプリントアウトして署名捺印が求められるものもあります。

 

会社独立して個人事業主なりたてだとクレジットカードは取得しにくい・・・って本当?

 

ハシケン
・・・そんな話を聞いたことないでしょうか? だからこそ会社在籍中のカードの取得をせかすビジネス書もあると思います

 

ただ実際調べるとわかりますが、最近は副業や起業ブームもあって個人事業主でも普通に取得できるカードがどんどん増えています。

 

むしろ会社独立したばかりの手垢のついていない個人事業主のほうが、ヘタな法人より作りやすいとまで言われています。

 

ハシケン
だから「会社から独立しちゃったからしばらくカードなんて取れないんじゃ・・・?;」と心配する必要はまったくありません

 

独立してまもないあなたに最適なクレジットカードはこれ!

独立後 おすすめ クレジットカード

Pixabay

 

ハシケン
では、実際にカードを取得するとしたらどこがいいんでしょう?

 

数多くのクレジットカードがありますが、今回は特に独立初期に役立つカードを厳選して2つ紹介します。

 

1、年会費をとにかく最大限おさえたい・・・UCカード(法人)

2、年会費以上のステータスもほしい・・・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

 

①とにかく年会費をめいっぱい安くしたい、さらに永久不滅ポイントまで貯められる「UC法人カード」

UCカード

Copyright © UC CARD CO.,LTD. All Rights Reserved.

ビジネスカードは年会費が1万円を超えるものが一般的ですが、驚くほど安い費用で取得できるのが法人・個人事業主向けのUCカード(法人)です。

 

専用サービスもつくゴールドカードは1万円と普通ですが、一般カードは年会費わずか1,250円という破格の安さになっています。

 

年会費が格安なぶんハイレベルな特典はないですが、タクシーチケットやETなどのビジネスに最低限ほしい特典は問題なくおさえてあります。

 

さらにセゾンカードで有名な「永久不滅ポイント」も利用に応じてたまっていくので、そのポイントを文具購入などの経費の購入にあてる流れもつくれます。

 

UCカード(法人)の主な特徴

  • 年会費が1,250円と格安で独立初期でも負担がほぼない
  • 永久不滅ポイントが貯まる⇒UCカードと交換できて経費削減に役立つ
  • UCギフトカードをオンラインで購入可能
  • 海外アシスタントデスク、Wi-Fiレンタルサービス

 

 

将来的に事業に余裕が出てきてより高い付加価値を求めるなら、その段階でゴールドに切り替えるのもいいでしょう。

 

▼ゴールド会員のみの自動付与特典

海外旅行傷害保険5,000万円

国内旅行傷害保険5,000万円

ショッピング補償保険年間300万円

 

年会費:通常/ゴールド 1,250円/10,000円(税別) ブランド VISA or Mastercard
ショッピング利用可能枠 20~300万円/50~500万円 締め日と支払日 10日締め、翌5日支払い

 

 

たった1日3.4円の固定費だけで持てる

今申し込めば1万円分のギフトカードもらえます

 

②年会費だけじゃなくステータスも特典も充実させたいなら「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」

アメックス法人カード

Copyright © 2019 American Express International, Inc. All Rights Reserved.

 

会社から独り立ちして自分自身の力だけで生きていく、でも対外的な見栄だって多少はこだわりたい・・・そんな想いは独立開業した皆がきっと思うことでしょう。

 

ビジネス用カードに高いブランドもほしいなら、やはり「アメリカン・エキスプレス・カード」のブランドははずせません。

 

ゴールドの年会費は¥31,000とさすがにそれなりの金額ですが、通常カードは年間¥12,000と平凡なレベルです。もちろん一流ブランドらしく得られるステータスはたしかなものがあり、所有するだけでも年会費以上のメリットが感じられるでしょう。

 

しかも審査に関しては個人事業主を尊重する姿勢をとっていて、個人事業主であれば審査で登記簿謄本(全部事項証明書)の提出が不要で本人確認書類だけで申し込み可能というのも助かります。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの主な特徴

  • 100円で1ポイントが貯まるプログラム
  • アメックスなのに年会費が控えめ
  • 充実したトラベルサービス
  • 支払いや破損を保証するプロテクション・サービス
  • ポイントはマイルにも移行可能
  • 誰もがあこがれるステータス性

 

 

▼ゴールドカードの特典

 ゴールド会員限定の交流イベントあり

 

年会費:一般/ゴールド 12,000円/31,000円(税別) ブランド アメリカン・エキスプレス
ショッピング利用可能枠 審査基準による 締め日と支払日 19日前後締め、翌月10日支払い

 

 

1日33円でステータスまで手に入れよう

貯まったポイントはマイルにも変えられます

 

カード審査をクリアしやすくする3つのポイント

好きなことを仕事にする メリット

Pixabay

 

クレジットカードを個人事業主やフリーランスが最近取りやすくなってきたのは事実ですが、なかなかうまくいかないというときにはここで紹介するポイントを意識しておくと審査に通る確率をあげられるかもしれません。

 

安くても最低限の年会費を求められるカードをえらぶ

 

年会費のまったくいらないクレジットカードでは、結局逆に審査が厳しくうまくいかないこともありえます。またそういう無料カードはその分特典もよくないのが一般的です。

 

求められる年会費が払えるということは最低限の収入があるという証明や担保にもなるので、意識しておきましょう。

 

固定電話を設置してみる

 

もしビジネスに固定電話が必要なら、あらかじめ設置しておくことで審査の際に有利に働く場合もあります。

 

IP電話もあるので、ムリのない範囲で検討してみましょう。

 

支払い用の口座を個人名義の通帳にする

 

基本的には最初に紹介したような個人事業用銀行口座を作って支払い口座にあてるのが理想ですが、純粋な個人名義口座を使った方が審査にはいいという説もあります。

 

ハシケン
まず事業用で申請してみてもし落ちてしまうようなら、一度試してみてもいいかもしれません

 

まとめ:ビジネス用クレジットカードカードを持つと事業はもっと回りだす!

会社独立 個人 クレジットカード

Pixabay

 

お金周りに関してムダな手間を多くかかえていると、ビジネスを進める上でいつか大きな弊害になってしまうかもしれません。

 

特に確定申告にからむ部分は、あらかじめシンプルにしておくことがとても大切です。

 

  1. 屋号付き口座を利用する
  2. クラウド会計ソフトを利用する
  3. 必要なら税理士の依頼を考える
  4. ビジネス専用クレカをもつ

 

以上の4点さえはじめにしっかり構築しておければ、あなたのやりたいことに使える時間/稼ぎを大きく増やしていけるでしょう。

 

ハシケン
未来の収入と生活のためにも、最適なカードを手に入れてください!